煉瓦に関する歴史などを探索、探求しながら現地に赴いたりします。現在に伝わる煉瓦構築物を一つでも多く記録に残し、みなさんと共有していきます。
ブログ

フィールドワーク

煉瓦研究ネットワーク東京 フィールドワーク14 上野・荒川編7 佐藤病院

あらかわ遊園を後にすると、一路徒歩で佐藤病院へと向かう。 路地を抜けると、突然都電が現れる。 佐藤病院は『登山者検診』でも有名な病院で、1909年(明治42年)7月に佐藤医院が創設され、大正年間に『佐藤病院』と改称され現 …

煉瓦研究ネットワーク東京 フィールドワーク13 上野・荒川編6 あらかわ遊園 

前回、なぜここに煉瓦塀が残っているのか由来を話したが、その煉瓦塀沿いに進んでいく。 煉瓦は、真ん中のコンクリートの帯の下がイギリス積み、上が長手積みであるが、ある一定の間隔で小口が現れる。 裏側をのぞくと、その小口の意味 …

煉瓦研究ネットワーク東京 フィールドワーク12 上野・荒川編5

都電を荒川遊園地前電停で降りると、バラの咲き乱れる遊歩道をあらかわ遊園の方へと向かう。 思わず立ち止まってバラを鑑賞したくなるような見事さだ。 芳しいバラの香りを楽しみながらしばし歩くと、懐かしい都電6000形、あだ名も …

煉瓦研究ネットワーク東京 フィールドワーク11 上野・荒川編4 上野から荒川への移動

東京藝術大学1号館、2号館を見学させていただいた後は、過去の取り壊した建物の煉瓦の集積所に案内されて、調査した。 一部は芸大だけではなく東大で取り壊された建物の煉瓦も集積されている。 一つ一つ手に取り、刻印の有無と、刻印 …

煉瓦研究ネットワーク東京 フィールドワーク10 上野・荒川編3

前回ご紹介させて頂いた1号館が次の写真である。 この1号館の後ろに立つ3階建ての煉瓦の建物が2号館である。 2号館は1号館に遅れること6年、1886年(明治19年)に東京図書館書籍閲覧所として建てられた。 設計は、アメリ …

煉瓦研究ネットワーク東京 フィールドワーク9 上野・荒川編2

東京藝術大学のキャンパスの真ん中を東西に都道452号が走っている。 1918年(大正7年)にこの都道が作られると、都道に対して南北対象に煉瓦造りの校門が作られた。 残念ながら、現在は、都道北側に面したものしか残っていない …

煉瓦研究ネットワーク東京 フィールドワーク9 上野・荒川編1

5月27日日曜日、第4回目となる『煉瓦研究ネットワーク東京』のフィールドワークは、13時に上野駅公園口をスタートして、最初の目的地である東京芸術大学へと向かった。 今回は上野をスタートして、荒川区の煉瓦遺構を巡るコースで …

煉瓦研究ネットワーク東京 フィールドワーク8 八王子編8

前回ご紹介した八王子市内の小学校に残るフランス積みの煉瓦塀を見学すると、甲州街道を高尾へと向かった。 当初の予定では、さらにここから数箇所回る予定であったが、今まで巡ってきたところで時間をかけすぎたため予定を変更して、甲 …

煉瓦研究ネットワーク東京 フィールドワーク7 八王子編7

京王八王子駅近くの福伝寺を後にすると、甲州街道を下り追分町近くの八王子市内のある小学校へと向かった。 この小学校の歴史は古く、ホームページを確認すると1873年(明治6年)までさかのぼる。 現在地に移転してきた1891年 …

煉瓦研究ネットワーク東京 フィールドワーク6 八王子編6

前回は、1901年(明治34年)中央線開通当時の第二石曽根橋梁をご紹介した。 今回は、そこから程近い京王八王子駅近くの福伝寺にあるものをご紹介しよう。 境内脇の墓所に行くと、中心部にひときわ目立つ煙突のような墓標が異彩を …

« 1 2 3 4 »

最近の投稿

当研究ネットワークの概要

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.